佐井村 -Sai village-

赤十字の旗、ひるがえる里 アルサス ケビンハウス 願掛岩 仏ヶ浦 箱根森八幡宮 防波堤の壁画 県重宝「旧三上家住宅」 海峡ミュウジアム 鳴海要吉文学碑 スカシユリ ミサゴ ヒバ 北限のニホンザル ニホンカモシカ

佐井村新型コロナウイルス感染症対策本部(任意設置)

 5月25日、新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第5項の規定に基づき緊急事態宣言が解除されたことを受け、同法37条において準用する同法第25条の規定による「佐井村新型コロナウイルス感染症対策本部」は廃止となりました。
 ただし、引き続き感染防止対策が必要であることから、同法に基づかない「佐井村新型コロナウイルス感染症対策本部」を任意設置しました。

 

新型コロナウイルス感染症にかかる対応について

■コロナウイルスとは?

 これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は7種類見つかっており、この中の1つが、昨年12月以降問題になっている、いわゆる「新型コロナウイルス」です。
 このうち4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残り2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。コロナウイルスは、あらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。


■どうやって感染するの?

 現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染(せっしょくかんせん)の2つが考えられます。

※飛沫感染
 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。

※接触感染
 感染者が感染者が、くしゃみや咳で手を押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。未感染者がその部分に接触すると、感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接触れなくても感染します。

■新型コロナウイルスに感染しないようにするために

 まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。
具体的には、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。また、十分な睡眠をとっていただくことも重要です。


■ほかに人にうつさないために

 咳エチケットとは、感染症を他者に感染さないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ・そで・ひじの内側などを使って、口や鼻を押さえることです。

 対面で人と人との距離が近い接触(およそ2メートルとされています)が、一定時間以上、多くの方との間で交わされる環境は、リスクが高いです。感染しやすい環境に行くことは避け、手洗い・咳エチケットを徹底しましょう。(厚生労働省HPから)


■村民の皆さまへ

 村民の皆さまにおかれましては、過剰に反応することなく、不要不急の外出を避け、外出する際には、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、お一人お一人の咳エチケット・手洗い・うがい・アルコール消毒の徹底など、通常の感染症対策の実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。


【新型コロナウイルス感染症が疑われる方へ】

 次の3つの症状がある方は、むつ保健所の「帰国者・接触者相談センター」(☎0175-31-1891)にご相談ください。

 ①息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)高熱などの強い症状のいずれかがある場合


 ②重症化しやすい方※で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合


 ※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPDなど)などの基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

 ③上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐにご相談ください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)


■関連情報

 

佐井村新型コロナウイルス感染症対策本部会議の開催について

 令和2年6月19日(金)に第9回佐井村新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
 ○第9回佐井村新型コロナウイルス感染症対策本部会議
 日時:令和2年6月19日(金) 午後3時~
 場所:村長室
 第9回本部会議(佐井村新型コロナウイルス感染症対策本部会議)資料【410KB】

新型コロナウイルス感染症対策取り組み一覧